本厚木カンツリークラブ|ゴルフ会員権情報

ゴルフ会員権相場情報・売買ならケージープランニング
ゴルフ会員権相場・売買のお問合せは 046-278-6363へ。

ゴルフ会員権TOP > 神奈川県ゴルフ会員権相場 > 本厚木カンツリークラブ

本厚木カンツリークラブ

本厚木CC ゴルフ会員権相場 >>
本厚木CC ゴルフ場コ-ス写真 >>
本厚木カンツリークラブ
ゴルフ場所在地 神奈川県厚木市飯山1700 TEL 046-241-4111
事務所所在地 同上 Fax 046-241-4110
コース概要
開場日 昭和37年11月3日 特徴 丘陵コース
コース設計 赤星 四郎 コース施工 早野組
ホール数 18H 6,821Y PAR72 コースレート 72.0
用地面積 69万u(100%所有地) 練習場 230Y 28打席
会社概要
会社名 厚木開発株式会社 資本金 2億3,000万円
代表者 小野 功 加盟団体 JGA・KGA加盟
会員権内容 株主会員制と預託金制 会員名簿 平成16年発行
本厚木カンツリークラブ ゴルフ会員権
会員権種類 正会員 平日会員(土可) 平日会員(土不可)
会員数 991名 112名
名義書換料
2,000,000円
1,200,000円
預託金
/
/
年会費
20,000円
15,000円
税金 名義書換料、年会費は税別表示です (別途、消費税が必要です)
年会費〆切 1月〜12月 継承不可(譲渡人は1年分、・新入会者は月割納入)
入会条件 女性入会:120名限定     外国籍入会:不可

  • 30歳以上
  • 在籍5年以上の個人正会員1名の紹介(連帯保証) 入会希望者と懇親の間柄で面接に同席
  • ハンディキャップあれば尚可
  • 面接と審査プレー有
必要書類
【譲渡必要書類】
  • 株券
  • 出資金証書
  • 会員資格継承承認申請書
  • 印鑑証明書
  • パス型会員証、プレート、バッヂ3点(紛失届)
  • 委任状
【入会必要書類】
  • 入会申込書
  • 誓約書
  • 紹介者保証書
  • クラブハウス掲示用の用紙
  • ハンディキャップ証明書(ある場合は提出)
  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 写真(4cm×3cm)3枚、(9cm×7.5cm)1枚
入会手続 全ての書類を事前にコースへ郵送する(但し株券と出資金証書は裏表両面のコピーを同封・実物は後日クラブより連絡を受けてから提出すること) → 書類受付後に内容確認 → 書類審査を実施(到着後約2週間) → 入会希望者の資料をクラブハウス内に掲示(1ヶ月間) → 入会希望者が紹介者とともに面接を受ける・審査委員による実技審査プレーを実施(面接と実技審査プレーは同日に実施) → 理事会による審査 → 理事会承認後に名義書換料を納入 → 入金確認後に会員としてプレー可

【理事会】2ヶ月に1回
備考
  • 平成22年10月、女性枠を85名から120名に変更し、女性入会受付再開。
  • 平成21年7月17日、女性枠「85名」定員に達しました。
  • 平成21年9月1日より名義書換料改定。(正)105万円 → 210万円、(平)63万円 → 126万円。
交通
最寄IC 東名高速 厚木ICから7km
利用路線 小田急線 本厚木駅
クラブバス 本厚木駅南口 クラブバス乗り場から運行 6:40 7:10 7:40 8:10 8:40 9:10
小谷のひとり言
評価:A
【本厚木カンツリークラブ】
    
7月18日、お客様のお誘いでプレーをしてきました。
朝の雨は上がったものの気温がどんどん上昇していきました。
本厚木CCは全体的に綺麗にメンテナンスが行われていて、とても清潔感がありました。
赤松が多く、重厚感が感じられ、林間コースでもINコースは多少のアップダウンもあるので趣向も違いレイアウトは飽きないと思います。
グリーンは当日Pグリーン(ペンクロスベント)のグリーンで、スピードは夏の為8.5フィートぐらいと遅めでした。
OUTコースのグリーンにイエロータフトが少し出ていたこととギンゴケが少し入っていた事が残念ですが、シーズン時にコンパクションを硬くすれば良い状態に仕上がると思います。
Tグリーン(ニューベント種のT−1)を拝見した限りではギンゴケ、イエロータフトも出ておらず良い状態でした。
メンテに関しては、さすが本厚木という感じです。
このぐらいの状態のメンテのコースで何時もプレーがしたいものです。
年齢を重ねた時に会員になりたいクラブの一つです。
2013.07.19

【本厚木カンツリークラブ】
ニューベント・バラエティーの「T−1」にオーバーシードしたグリーンの評判はすこぶる良く、来場者はどきどきしながらパッティングをしているようである。
ゴルフ場はグリーンが命と言われているように、やはりメンテナンスの良し悪しが評価に比例するのは間違いないところです。
時期をみて、もう一面もニューベント・バラエティーの他の種にするのでしょうか。会員にとっては嬉しい悲鳴でしょう。
入会時の事前審査(会員権を購入する前の審査)を行ってくださると、さらに評価はアップするでしょう。
2008.02.13

【本厚木カンツリークラブ】
高麗グリーンをベントにしてベントの2グリーンにする工事を行なっている。
会員からの要望が多く又、流行であるニュータイプのベントグリーン(t−1)で高速化が期待できる。
10月頃から使用開始のようだ。さすがにやる事は早い。
2007.04.27

【本厚木カンツリークラブ】
平成17年4月1日より乗用カートの導入になった。
平坦なコースなのであまり必要はないと思うが、会員の高年齢化に伴い導入された模様だ。
やはり余剰金の多い倶楽部は行動も早い。
2005.05.18

【本厚木カンツリークラブ】
平成16年12月31日〆の決算報告。当期利益6,600万円、余剰金22億5,400万円。さすがに安定している事が感じられる。しかも余剰金の多さにはビックリ。やはり会員には安心感がある。サスガです!!!!
2005.05.12

【本厚木カンツリークラブ】
三菱電機・安川電機などの重電機業界のメンバーが多い。
株主会員制のクラブで平成2年にクラブハウスを新築した。
コースはフラットでのんびりプレーの出来るコースだと思う。
名変料もこのクラスでは珍しく入会預託金をとらないので好感がもてる。入会条件の緩和が相場を上げた。
2000.04.--



※本厚木カンツリークラブのゴルフ会員権情報につき、最新情報を提供するよう心掛けておりますが、不備がある場合もございます。
ご不明な点は弊社までお問合せ下さい。TEL 046-278-6363

ゴルフ会員権TOPゴルフ会員権相場ゴルフ会員権ニュースゴルフ会員権とはお取引までの流れ募集コース案内会社概要
LINKサイトマップお問い合せフォームEメール個人情報保護方針|関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟